わかる!着物のこと!

着物に関するあれこれ

なぜ着物を着る人が増えたのか?

なぜ着物を着る人が増えたのか?という疑問、街を歩いていると着物を着ている若い人たちが増えていることに気が付きます。お祭や花火大会の浴衣だけではなく、古着の着物を上手にアレンジしておしゃれ着にしたり、普段着として着物を利用している若い男性なども目にします。若い人たちの間で、日本の伝統が見直される傾向が出ています。

自分たちの国の伝統をを肯定的に捉える人が増え、中古の着物や古民家など、若くおしゃれの意識が高い人達は、上手に日常生活の中に、古くても良い物を取り入れ、おしゃれなライフスタイルを実践しています。インターネットのオークションサイトやフリーマーケットの普及の景況もあり、特に若い人たちに中古品の売買への抵抗感が薄れ、中古の着物がアンティークなどの形で出回っています。

市場が大きくなったことで、利用しやすい優良な着物買取業者が増えたこともあり、初心者も着物生活に入門しやすい環境が整いつつあります。従来の子どもや孫に着物を受け継いでもらう伝統も魅力的ですが、各家族や少子化で従来の伝統的な方法以外のシステム、着物の伝統の継承に新しいカタチが求められていたのです。買い取りからリサイクルまで、若い人たちにも利用しやすいカタチができつつあります。

若い人たちの間で伝統が見直される流れとともに、若い人たちが気楽に利用できる着物買取業者が増えたこと、アンティークや古着の着物を販売するおしゃれな業者が増えたことなど、新たな着物人口の増加に貢献しています。親や祖父母に呉服屋に連れて行ってもらう習慣が、子供の頃からあるような家庭ならいいのですが、親の世代ですでに着物とあまり縁のない生活をしていた家庭で育った人にとって、呉服屋というのはちょっとハードルの高いものであったのです。

呉服屋で必要となる知識は、普段接している洋服の知識とは全く違い、すべて新しく学ばなければならず、着物はどうしても高い商品が多いので、呉服屋は気楽に立ち寄りにくい場所になっていたのです。そこで中古の着物を中心に扱う、インターネットなどで展開する業者が出てきたことで、気楽に着物初心者が良質な着物に接することができるようになったのです。一度、伝統的な着物に袖を通して、着物を普段の生活に取りいれば、着物の良さはすぐに分かります。

入手性の高い質の良い中古の着物が増えることで、着物へのイメージが変わり、一般の呉服屋へ若い人が再び訪れる流れが出てくるというわけです。親や祖父母の世代が着物を譲る伝統と共に、良質の中古を市場に回す買取業者と販売業者が増えることで、着物の文化の伝統が見直される、日本の伝統が継承される新しいカタチです。

Menu

わかる!着物のこと!
なぜ着物を着る人が減ったのか?
なぜ着物を着る人が増えたのか?
着物ネット買取がお得?
着なくなった着物
着物のその後・・・
イベントごとにオトクに着物を着る着物買取の活用法
着物買取豆知識:袖の下、袋状、伊達衿、伊達締め
上品でボリュームのある髪と合う着物は着物買取に売れる
サイトマップ