わかる!着物のこと!

着物に関するあれこれ

着物のその後・・・

日常生活を洋服で過ごすことが一般的になったため、着物は「ハレの日」のお召し物となりました。最近では無料の着付け教室も増え、積極的に着物に触れる機会がすこし増えたかも分かりません。しかしながら以前として、着物を積極的に着る人が増えたかというと、それはあくまで一部の人であって保存場所や保管方法を胸を張って正しく出来ているという方は少数派であると言えます。親戚や親などから着物を譲り受けたが、着物のその後はと言うと着ていく場所も機会もなく、ただただクローゼットの置くに追いやられている場合も少なくありません。

そういった現状がある事から着物の再販を行うリサイクル業者を見かけることが増えてきたようです。持て余した着物を持っている方にとっては保管場所の有効利用とちょっとしたお小遣いが入るかもしれない期待を胸に利用を検討している方もいるようです。しかしながら実際のところ中古の着物の買い取り価格をみて「とてもじゃないけれど売れない」と半ば憤りを覚えて持ち帰ってきた方がほとんどなのではないでしょうか。中古の帯や着物は殆どが二束三文での買い取り価格となり、店によってはキロ単位の価格という所もあります。購入時やお仕立てをした時はあんなに高額だったのに。

再販、リサイクルで損をしない為にはまず着物の保存状態を確認する必要が有ります。シミが出て着る場合はクリーニングへ。売られた着物のその後は店頭に並ぶ事になるわけですから、買い手がすぐにでも店頭に出せる状態で買い取りに出します。自分が買いたいと思えない商品は買い取ってもらえないと思った方がよいでしょう。買い取りに出す場合は何件か着物の買い取り専門店に持ち込み、価格を交渉してみます。業者によっては買い取り品を取りに来てくれるサービスを行っている所もありますが、買い取りをする量や商品は取扱業者によって異なりますので確認する必要があります。

実店舗を抱えているリサイクルショップよりもネットショップの方が買い取り価格が高額な場合もありますので、こちらも一緒に打診してみましょう。数件リサイクルショップを渡ってみても買い取り価格にイマイチ納得がいかなかった場合は、インターネットのオークションに出すという方法もあります。着物が好きという方であれば、こだわりのある「織り」や「柄」あるいは「作家」のコレクターが存在します。一般的な買い取り価格よりも高額での取引が期待出来るでしょう。着物のその後・・・購入した時は思いも寄らなかった着物の第二の人生を有効に出来るかどうかはあなたしだいです。ぜひ損をしないで着物も幸せになれるような選択肢を選びたいですものです。

Menu

わかる!着物のこと!
なぜ着物を着る人が減ったのか?
なぜ着物を着る人が増えたのか?
着物ネット買取がお得?
着なくなった着物
着物のその後・・・
イベントごとにオトクに着物を着る着物買取の活用法
着物買取豆知識:袖の下、袋状、伊達衿、伊達締め
上品でボリュームのある髪と合う着物は着物買取に売れる
サイトマップ